幼年期

幼年期で歯が生え揃う年齢は?

幼年期で歯が生えそろう年齢は人によって個人差がありますが、一般的には5歳程度です。

その証拠にどの子供でもこの年齢まで達するとそれまで堅くてかみ砕くことが出来なかった食べ物を平気で食べられます。

確かに最初は食べ終わるのに時間がかかりますが、しばらくすると要領を得られるので食べることがさらに楽しくなります。小さい頃に食べることの大切さや楽しさを教えることによって成長してからも好き嫌いすること無く何でも食べられます。バランス良く栄養を摂取できるので、健康体を無理なく保ち続けられます。

歯が生えそろうと何十本もあると安心してしまいますが、かつての状態を意識させることでよりいっそう歯の大切さを理解させます。

特集記事

  1. 壮年期

    壮年期で歯に悪い食べ物は?
  2. 壮年期

    壮年期におけるリンの役割とは?
  3. 老年期

    老年期のときに行う歯のケアとは?
  4. 壮年期

    壮年期で歯に良いおやつは?
  5. 老年期

    老年期で歯に悪い飲み物は?
PAGE TOP