青年期

青年期における歯周病ケアとは?

歯周病というと中年以降になりやすいというイメージがあるかもしれませんが、若いころからの生活習慣によっては青年期からなってしまう可能性があるので気を付ける必要があります。

特に食生活が欧米化し、昔と比べると甘味など化学製品が使われることによって口内環境は虫歯などができやすい状態になってきているのが現状です。歯周病になってしまうと歯を失う可能性が高くなるだけでなく、様々な病気の原因にもなってしまいます。

毎日の歯磨きや定期的な検診と口内のクリーニングを行うことが大切です。青年期のように早めのケアをしておくと将来のリスクを減らすことにつながります。

また病気だけでなく口臭の予防にもなるので、口内環境に気を付けるようにしましょう。

特集記事

関連リンク

  • 骨董買取 長崎県

    佐賀・長崎エリアで骨董品やアンティーク品の買取業者をお探しなら、『古美術風来坊』に相談してみましょう。豊富な鑑定経験を積んでいるので、作家の有名無名に関わらず、丁寧にきちんと適正価格で査定してくれますよ。

    www.kobijutsu-fuuraibou.com/

  1. 幼年期

    幼年期で歯並びを整えるコツとは?
  2. 老年期

    老年期で歯に良い生活習慣は?
  3. 壮年期

    壮年期における歯のケアは?
  4. 老年期

    老年期における歯周病ケアとは?
  5. 幼年期

    幼年期で歯に悪いおやつは?
PAGE TOP