幼年期

幼年期で歯に悪い食べ物は?

幼年期において歯に悪い食べ物は、糖分が多く含まれている食べ物です。代表的なものは、チョコレートです。

甘くて美味しいので子供は大好きですが、糖分が多く含まれているだけでなく付着しやすいため、虫歯の原因となります。また、キャンディーやキャラメル、砂糖入りのガムも同様に悪影響を与えます。

そして、ポテトチップスなど塩辛いスナック菓子も、糖分を含み歯に付きやすいので、これらも良くありません。意外な食べ物では、柑橘類もあてはまります。ビタミンCを多く含むので体に良いのですが、強い酸と糖分が歯にダメージを与えてしまいます。

他にも、硬すぎる食べ物も悪い影響を与えます。適度に硬い食べ物ならば歯を丈夫にしますが、硬すぎるとかみ合わせを悪くしてしまうことがあるので、子供に与える場合は注意が必要です。

特集記事

関連リンク

  • ヘアセット 早朝 名古屋

    ヘアセットを早朝から名古屋でお考えでしたらぜひ一度当サイトまでお越しください!早朝からご依頼できるので安心ですね。成人式や結婚式にもお気軽にご利用ください。また、持ち込みヘアメイクプランもございます!

    vanilla-emu-setsalon.com/

  1. 老年期

    老年期におけるビタミンAの役割とは?
  2. 幼年期

    幼年期におけるビタミンDの役割とは?
  3. 壮年期

    壮年期で歯に良いおやつは?
  4. 幼年期

    幼年期は何歳まで?
  5. 老年期

    老年期におけるビタミンDの役割とは?
PAGE TOP