老年期

老年期におけるビタミンCの役割とは?

老年期を迎えると体の機能が衰えるものです。唾液の分泌量が減ってしまうことも高齢者に現れる現象の1つです。唾液には強い殺菌作用があるため、その分泌量が減少すると歯周病にかかりやすくなってしまいます。

ビタミンCが高齢者の口腔内の健康に良いと言われる理由は、歯周病予防に効果を発揮するからです。この病気にかかると、歯ぐきのコラーゲン繊維が破壊されてしまいます。

ビタミンCにはコラーゲンの生成を促す働きがあるため、このトラブルを解消しやすくなるとされています。同時に、ビタミンCの不足は歯ぐきの健康を害すると言われています。歯のぐらつきや腫れ、出血といったトラブルの引き金となります。老年期を迎えると、こうしたトラブルは治りにくくなるものです。

したがって、日頃からビタミンCを積極的にとり入れるべきと言えます。

特集記事

関連リンク

  • 歯医者 表参道

    納得のできる審美歯科治療や繰り返さない歯科治療をお望みの方は表参道のニノデンタルオフィスです!患者さまのお悩みを聞き最適な治療法をご提供し、あなたの自信と笑顔を取り戻します!まずはお気軽にご相談下さい!

    www.ninodental.com/

  1. 青年期

    青年期におけるリンの役割とは?
  2. 幼年期

    幼年期で歯に良い飲み物は?
  3. 壮年期

    壮年期でなりやすい歯の病気は?
  4. 老年期

    老年期で歯に悪い食べ物は?
  5. 老年期

    老年期のときに気を付けたいこととは?
PAGE TOP