幼年期

幼年期で歯に悪い生活習慣は?

幼年期で歯に悪い生活習慣は食事後に歯磨きをしないことです。歯磨きの回数としてのおすすめは朝と晩です。

昼に磨くのも良いですが、歯磨き粉はつけすぎると歯の表面に付いている貴重なエナメル質が必要以上に削ってしまうことになります。外からの最近に弱くなってしまうので磨きすぎるのも考えものです。

これを毎日続けるとなると幼年期は苦痛で仕方がありません。そこで食事事に水やお茶などで口の中に詰まった食べかすを洗い流すのをおすすめします。1~2杯口に含んで飲み込むだけなのでさほど手間はかかりません。水も良いですが、殺菌作用が多く含まれているお茶はなお効果的です。

精神的に落ち着かせるといったお得な副作用もつきます。

特集記事

関連リンク

  • 共同ピーアール株式会社

    デジタルの基礎が短期間で学べるオンライン学習システム、デジマナは共同ピーアール株式会社が提供しています。その道のプロを講師陣に迎え、場所やシーンを選ばず講義動画の視聴、学ぶことができます。まずはご相談からも可能です。

    digi-mana.com/

  1. 幼年期

    幼年期で歯に良いおやつは?
  2. 老年期

    老年期で歯に良いおやつは?
  3. 老年期

    老年期でなりやすい歯の病気は?
  4. 幼年期

    幼年期の乳歯列の完成期に気を付けたいこととは?
  5. 児童期

    児童期で歯並びを整えるコツとは?
PAGE TOP