児童期

児童期で虫歯にならないポイントとは?

児童期の虫歯の原因は、磨き残しを細菌が分解することによってできるプラークです。

プラークは歯ブラシで落とせるので、この段階できれいにすることが虫歯にならないポイントです。具体的には、歯の噛む面にある溝や隙間などが磨き残しやすい部位になります。

チョコレートなどは溝の奥に入り込んでしまうので、食後にはしっかりと磨くようにしましょう。ゴシゴシと力強く磨いていると、本人はきれいになった気になるのですが、実際は毛先が開いてしまい汚れを落とす効果は半減します。磨き終わったら保護者など大人の人が口の中を確認する習慣をつけることが、まだ児童期には必要とされています。

必要であれば大人がデンタルフロスを使ってきれいにします。

特集記事

関連リンク

  • 精神科・心療内科ひろクリニック

    「精神科、心療内科は入りにくい」そう思って1人で悩みを抱えていませんか?埼玉にある「ひろクリニック」の医師は、多くの人が気軽に相談できる場を作りたいという思いで、地域の精神科医療に取り組んでいる医師です。少しでも悩みや不安で眠れないという方はぜひ一度相談してみてください。

    www.hakkoukai.net/

  1. 児童期

    児童期で咬み合わせが関係する年齢とは?
  2. 老年期

    老年期における健康的な歯の作り方は?
  3. 老年期

    老年期におけるカルシウムの役割とは?
  4. 児童期

    児童期のときに気を付けたいこととは?
  5. 老年期

    老年期で歯に良い飲み物は?
PAGE TOP