幼年期

幼年期におけるリンの役割とは?

幼年期の歯にとってリンの役割は大切です。なぜなら、唾液中のリンが幼年期の成長中の歯の成長を助け、再石灰化を促すからです。

幼年期に限らず歯は、毎日の食事などによって口の中が酸性に傾くことで、自然に溶けています。このことを「脱灰」と言いますが、唾液に含まれるリンには脱灰の進行を防ぎ、再石灰化を促す効果があります。

リンはひじきのほかにも牛乳・チーズなどの乳製品に多く含まれています。これらの食材を積極的に摂取することで、唾液中のリンを増やすことができ、丈夫な歯を作ることにつながるのです。幼年期は歯にとっても、将来を左右する時期と言っても過言ではありません。

この時期にしっかり摂取しておくことが重要です。

特集記事

関連リンク

  • 福岡トヨタ

    今話題の新型車をチェックするなら、福岡トヨタにお任せ。「乗ってみたい!」と思った時に予約すれば、最短2時間で試乗が可能!現在試乗できる車種や取り扱い店舗をネットで検索できるので、スムーズに乗り心地を確かめられますよ。

    www.fukuoka-toyota.jp/

  1. 青年期

    青年期でなりやすい歯の病気は?
  2. 壮年期

    壮年期におけるタンパク質の役割とは?
  3. 壮年期

    壮年期における歯のケアは?
  4. 青年期

    青年期のときに行う歯のケアは?
  5. 青年期

    青年期で歯に悪い食べ物は?
PAGE TOP