幼年期

幼年期におけるタンパク質の役割とは?

幼年期の子供も野菜や果物を食べたほうが健康的な生活が送れるのは確かですが、脂質や糖質、タンパク質などもバランスよく食べなければ子供の成長に悪影響を与える可能性があります。

特にタンパク質は筋肉を作る要素となる栄養なので、幼年期にある程度摂取しておかなくては細く虚弱な身体に子供が成長してしまう可能性もありえるのです。

歯を作るのにもタンパク質は役立ちます。幼いの頃に歯と歯の隙間が極端に開いているという子供がいる理由のひとつが、タンパク質の不足によるものなので非常に重要だと捉えておいてください。

子供なら牛乳や玉子、バナナなどなら嫌がらずに食べてもらえる可能性が高いので、強い歯を作るためにもタンパク質が豊富な食事を与えるよう心掛けてみてください。

特集記事

  1. 児童期

    児童期における健康的な歯の作り方は?
  2. 幼年期

    幼年期で歯に悪い生活習慣は?
  3. 老年期

    老年期で歯に悪い食べ物は?
  4. 青年期

    青年期で歯の病気にかかりやすい年齢とは?
  5. 壮年期

    壮年期における口臭ケアとは?
PAGE TOP