児童期

児童期で咬み合わせが関係する年齢とは?

児童期の歯並びはとても気になるものです。乳歯から永久歯に生え変わる時には、咬み合わせの基礎が作られるとても大切な時期です。

永久歯が生えてくるからと言って乳歯を放っておいてはいけません。咬み合わせが関係する年齢とは、幼児期から小学校低学年ぐらいです。咬み合わせが悪いまま長年生活をしていると、将来的に不具合が出てくることがあります。

大人になってから矯正をすると費用も時間もかかってしまいますので、幼児期に治療をきちんと進めていくことが大切です。咬み合わせが悪いかもしれないと思ったら、早めに専門医院で治療を進めていくようにしましょう。

人それぞれ症状は違いますので、状態に合った治療をしていくことが大切です。

特集記事

  1. 老年期

    老年期におけるタンパク質の役割とは?
  2. 青年期

    青年期のときに行う歯のケアは?
  3. 幼年期

    幼年期でお母さんがすべきこととは?
  4. 幼年期

    幼年期における歯のケアは?
  5. 青年期

    青年期における健康的な歯の作り方は?
PAGE TOP