老年期

老年期で歯に悪い食べ物は?

老年期になって歯が衰えてくると鍛えるためにも少し硬いものを食べようとする人もいるかも知れませんが、実はこれは逆効果だったりします。

柔らかいものばかりを食べていればいいということにはなりませんが、堅いもの硬すぎるものを食べてしまうと歯を痛めてしまう可能性が高くなってしまうので注意が必要です。

老年期になれば自然と堅いものが食べられなくなってきますが、それは体が自然に歯に合ったものを選択しようとしているので、無理に堅いものを選ばなくてもよいのです。好きでせんべいやスルメのようなものを食べているという時には、あまり歯に力を入れないようにしたり、柔らかいタイプの物を選ぶようにしましょう。

硬い食べ物は特に歯の弱った老年期には良くない食べ物となっています。

特集記事

  1. 児童期

    児童期におけるビタミンDの役割とは?
  2. 青年期

    青年期におけるビタミンCの役割とは?
  3. 児童期

    児童期で歯に悪いおやつは?
  4. 壮年期

    壮年期で歯並びを整えるコツとは?
  5. 幼年期

    幼年期におけるリンの役割とは?
PAGE TOP