幼年期

幼年期における歯のケアは?

まだまだ小さな幼年期の子供にとって、口の中にブラシなどを入れられるというのは気持ちのいい物ではありません。

まずは食後には歯ブラシを使うという習慣を身につけましょう。自分だけではきれいに磨くことはできないので、必ず保護者による仕上げ磨きを行う必要があります。乳歯というのはやわらかいため、虫歯ができやすくさらに進行が速いという特徴があります。

仕上げ磨きを週に1回ほどにしていると、気づかないうちに痛みが出るということも少なくありません。自分で磨いた後には仕上げ磨きをしてもらうという流れを作る時期です。

虫歯から守るために、フッ素が入った歯磨き粉を使うことも積極的なケアにつながるので意識して成分を確認しましょう。

特集記事

関連リンク

  • 債務整理

    横浜市鶴見区で債務整理にお困りでしたらぜひ一度当サイトまでお越しください!鶴見区は市の東の端にあり、鶴見川をはさんで川崎市と接しています。川崎市と近くともできれば近場の弁護士に無料相談したいですよね。ではまず当サイトへ!

    big-market.jp/

  1. 壮年期

    壮年期でなりやすい歯の病気は?
  2. 老年期

    老年期におけるビタミンAの役割とは?
  3. 幼年期

    幼年期の乳臼歯の萌出期に気を付けたいこととは?
  4. 幼年期

    幼年期における健康的な歯の作り方は?
  5. 老年期

    老年期でなりやすい歯の病気は?
PAGE TOP