幼年期

幼年期における健康的な歯の作り方は?

幼年期における健康的な歯の作り方は、食べたらすぐに歯磨きをする習慣を身に着けることです。

口の中にものを入れた状態にしておかないことも重要ですのであめやガムなどの食べすぎにも注意が必要です。ものを食べたらなるべくすぐに歯を磨くか口をゆすぐ習慣を身に着けておくと、その後人から言われなくても自発的にケアするようになります。

幼年期はまだ歯が柔らかい時期ですので、虫歯予防にフッ素の塗布が推奨されています。必要に応じてそうしたケアをデンタルクリニックを受診した際に行っておくと、その後健康な状態を維持することが出来ます。

子供はクリニックに通うのを嫌がることがありますが、なるべく子どもを専門にした明るい雰囲気のところに通って定期的なチェックを行いましょう。

特集記事

  1. 青年期

    青年期は何歳まで?
  2. 幼年期

    幼年期におけるリンの役割とは?
  3. 壮年期

    壮年期で乳児のときに行う歯のケアは?
  4. 青年期

    青年期における歯のケアは?
  5. 青年期

    青年期で歯に良いおやつは?
PAGE TOP