壮年期

壮年期におけるビタミンDの役割とは?

壮年期は体力的にも充実している時期ですが、歯周病が出てきやすい時期でもあります。歯の健康面から言うとカルシウムは必要不可欠な成分ですが、その生成に深く関与しているのがビタミンDです。

ビタミンDはあまり食事で摂取することが出来ずにキノコなどで摂取するよりほかはなく、一般的には日光浴で上手に体内で合成することが出来ます。

このビタミンDという成分は歯は骨の健康を守ってくれるのに重要な成分ですので、適度な日光浴をして身体の中から健康を保つのが重要です。口の中の健康にはビタミンをバランスよく摂取するのがポイントですがその中でも最も大切とも言えるのがビタミンDです。

適度な日光浴をすることで簡単に補うことが出来ます。

特集記事

関連リンク

  • ギャラリーとんぼ

    福岡県にお住まいの方で、使っていない倉庫の中にあるものを片付けていたら、昔の掛軸や陶器を見つけた方。ギャラリーとんぼに高価買取してもらいませんか?古い品物が実は有名な骨董品だった事があります。処分前にぜひ買取等の相談をしてみてください。

    www.gallery-tonbo.com/

  1. 児童期

    児童期のときに気を付けたいこととは?
  2. 児童期

    児童期で歯に悪いおやつは?
  3. 青年期

    青年期で歯に悪い生活習慣は?
  4. 幼年期

    幼年期でお母さんがすべきこととは?
  5. 幼年期

    幼年期で歯並びを整えるコツとは?
PAGE TOP