老年期

老年期におけるビタミンAの役割とは?

老年期まで残った歯を大事にしていくために必要な栄養素として、ビタミンAを挙げることができます。

このビタミンは粘膜の健康を守るために欠かせない存在で、口腔ケアに大きな役割を果たします。歯周病を予防したり、エナメル質を強くすることができます。

食品から体内に取り込む場合は、うなぎ・レバー・乳製品などが豊富に含まれています。老年期の人が一日に必要なビタミンAの摂取量をクリアすることは難しいので、サプリメントや健康食品などに頼りましょう。

がん予防やクリアな視界を維持する効果もあるので、歯の健康以外でも高齢者には重要です。ビタミンAは水溶性のビタミンCと異なり体内にストック可能ですが、過上昇はほとんど起こりません。

特集記事

関連リンク

  • 美容皮膚科 神戸

    神戸にお住まいの方、通勤している方美容皮膚科なら神戸からの通院の患者さんも多い西宮のゆみ美容皮膚科クリニックにしませんか?西ノ宮駅から徒歩すぐだから神戸から通院される方も非常に多いのです。エイジングケアなどの美容皮膚科ならゆみ美容皮膚科にお任せください。

    www.yumi-beauty.jp/

  1. 青年期

    青年期におけるリンの役割とは?
  2. 児童期

    児童期で虫歯にならないポイントとは?
  3. 児童期

    児童期は何歳まで?
  4. 青年期

    青年期で歯に良い生活習慣は?
  5. 壮年期

    壮年期で歯に悪い生活習慣は?
PAGE TOP