老年期

老年期におけるタンパク質の役割とは?

タンパク質の役割は体を作ることです。私達の髪の毛や爪や歯、皮膚や筋肉などはたんぱく質を材料に出来上がっています。

なので、たんぱく質が足りなくなると体は材料を失ってしまい、弱くてもろい体になってしまうのです。日本人はこの重要なタンパク質が不足していて、食事で十分な量を摂取できていません。

目安は体重×1グラム程度と言われていて、60キロの人であれば60gのタンパク質を摂取したいのです。老年期になるとこのタンパク質が不足する人がかなり多くなります。これを防ぐには食事の中で肉や魚を積極的に食べた方が良いです。

年を重ねるとさっぱりとした食品や魚を好むようになり、肉を食べない人が増えますが、今は赤身で柔らかい肉があるので食べてみましょう。

特集記事

  1. 壮年期

    壮年期で歯に良いおやつは?
  2. 児童期

    児童期におけるビタミンCの役割とは?
  3. 児童期

    児童期におけるタンパク質の役割とは?
  4. 老年期

    老年期におけるカルシウムの役割とは?
  5. 青年期

    青年期におけるタンパク質の役割とは?
PAGE TOP