児童期

児童期で歯に悪いおやつは?

児童期で歯に悪いおやつは、アメやグミなど口の中に長く留まる物です。

アメの場合は噛んでしまうと、食後に口をゆすいだとしてもなかなか取れずに酸化してしまいます。酸性の飲食物で歯のエナメル質が薄くなっていくのです。甘い飲み物も、水分補給の代わりに飲むのはやめて水や麦茶などがおススメです。

おやつの時間だけでなく、ゲームをしながらダラダラとずっとスナック菓子を食べるという事もあります。食べている時間が長い程、歯に悪い状態になってしまいます。口の中をアルカリ性に戻すように心がけていくことが大事です。

おやつを食べた後に歯磨きをするのが一番ですが、口内環境を酸性にして雑菌の餌となる糖を除去するようにしていきましょう。

特集記事

  1. 壮年期

    壮年期は何歳まで?
  2. 児童期

    児童期で歯に悪い飲み物は?
  3. 壮年期

    壮年期におけるタンパク質の役割とは?
  4. 幼年期

    幼年期で歯に良い飲み物は?
  5. 青年期

    青年期のときに気を付けたいこととは?
PAGE TOP