幼年期

幼年期で歯に良い食べ物は?

幼年期は体のあちこちが成長するためにさまざまな栄養を必要とする時期であるため、このとき何を食べるかが移行の成長にとても重要な役割を果たします。

日本人が怠りがちなオーラルケア、歯についてもこれはあてはまり、歯に良い食べ物をしっかりとることで丈夫な歯と口腔内を手に入れることができるのです。

小魚やエビ、チーズなどカルシウムを豊富に含む食品はもちろんですが、同時にビタミンDを摂取することでカルシウムの吸収率が高まりきっちりと定着するようになるためビタミンDも意識してとりこむことが大切だと言えます。

干しシイタケやこんにゃく、ごぼうなどお子さんにはやや受けの悪い食品が多いのですが細かく刻んだり味付けに工夫するなどして食べさせましょう。

特集記事

関連リンク

  • 東京Bianco歯科/矯正歯科SHIBUYA

    平日に休みがとれないから、インビザライン矯正ができない!とお思いの渋谷のあたりにお住まいの方。東京ビアンコ歯科/矯正歯科渋谷院は土日も診療しており、渋谷駅から近く、患者様のプライバシーを配慮した完全個室の治療室で矯正治療をおこなってくれます。

    kyouseishika-shibuya.tokyo/

  1. 老年期

    老年期におけるビタミンDの役割とは?
  2. 青年期

    青年期で歯に悪いおやつは?
  3. 幼年期

    幼年期で歯が生え揃う年齢は?
  4. 青年期

    青年期で歯に良い飲み物は?
  5. 幼年期

    幼年期における健康的な歯の作り方は?
PAGE TOP