壮年期

  1. 壮年期は何歳まで?

    壮年期は40歳頃から60歳頃まで、ケアをおこたると歯を失うリスクが高まる時期でもあります。加齢にともない口腔内の唾液の量が減り、口の中全体がネバネバして…

  2. 壮年期で乳児のときに行う歯のケアは?

    壮年期になって乳児のときに行う歯のケアとして、菌を移さないというものがあります。まずは自分の口の清潔を保つようにして、トラブルがある場合は早めに治療すると安…

  3. 壮年期で乳児のときに気を付けたいこととは?

    壮年期は通常40から64歳で、この年齢になると加齢によって歯そのものが大きく変化することはありません。気を付けなければいけないことは毎日のお手入れです。ケア…

  4. 壮年期で歯の病気にかかりやすい年齢とは?

    加齢によって歯そのものは大きく変化することはありませんが、手入れが不十分だと歯肉が弱っていき、歯周病を起こしやすくなるため注意が必要です。壮年期は30~44…

  5. 壮年期でなりやすい歯の病気は?

    壮年期というのは、40代から60代半ばまでの年齢を指しますが、この年代の人がかかりやすい歯の病気と言えば歯周病です。これは歯の土台を支えている骨や肉が破壊されて…

特集記事

  1. 老年期

    老年期におけるカルシウムの役割とは?
  2. 壮年期

    壮年期における歯のケアは?
  3. 青年期

    青年期で歯に悪い生活習慣は?
  4. 幼年期

    幼年期で乳児のときに気を付けたいこととは?
  5. 青年期

    青年期におけるビタミンDの役割とは?
PAGE TOP