幼年期

幼年期で歯に良いおやつは?

幼年期の子供の歯に良いおやつには、まず、砂糖をあまり使っていないものが挙げられます。

おせんべいやウエハース、クラッカーなどがそうです。すぐに食べ終えられる果物やナッツの類い、チーズなども良いです。さらには歯にくっつきにくいプリンやゼリー、ヨーグルトなどもおすすめです。

一般にフッ素やカルシウムが含まれているチーズやヨーグルトなどは歯を丈夫にするため、成長期の子供には最適です。甘味料にキシリトールを使ったおやつも、砂糖と違って酸が生成されず、口内に細菌が増えるのを抑制してくれます。

ただ、これらはあくまで虫歯に「なりにくい」おやつであって「ならない」わけではないので、食後はきちんと歯磨きをする習慣をつけることが大切です。

特集記事

  1. 児童期

    児童期で歯に良い生活習慣は?
  2. 児童期

    児童期で歯に悪い生活習慣は?
  3. 幼年期

    幼年期におけるカルシウムの役割とは?
  4. 青年期

    青年期は何歳まで?
  5. 老年期

    老年期におけるビタミンCの役割とは?
PAGE TOP