児童期

児童期で歯に良い生活習慣は?

子供のうちは生え変わるから児童期は虫歯になってもいいと思っている親が増えてきているというデータがあります。

ただよくない生活習慣を続けていると、生え変わった時に歯並びが悪くなってしまったり虫歯になりやすい口内環境になってしまう可能性があるので幼いうちからきちんとしたケアをしてあげることが重要です。

まず自動機で大切なことは朝や寝る前、甘いものを食べた後には必ず歯を磨くという習慣をつくることが大切になります。特に児童期は磨き残しが多い傾向にあるので親がちゃんと磨けているかをチェックしてあげるとよいでしょう。

また食事の時間もだらだらと長い時間をかけて食べていると虫歯になりやすいので気を付ける必要があります。

特集記事

  1. 児童期

    児童期で両親がすべきこととは?
  2. 青年期

    青年期におけるビタミンCの役割とは?
  3. 青年期

    青年期で歯に悪い飲み物は?
  4. 老年期

    老年期で歯に悪いおやつは?
  5. 児童期

    児童期で歯に良い生活習慣は?
PAGE TOP