壮年期

壮年期で歯に悪い生活習慣は?

歯の健康寿命は大体50年から70年と考えられています。日本人の平均寿命はどんどん延びているので、人によっては歯の寿命を超えてかなり長い年数を過ごすことになります。

健康的な歯の数が多い高齢者は少ない人に比べて、自立度が高いという調査結果も出ているので、いかに歯を大事にするべきかが分かりますね。

老後の為には壮年期の頃から生活習慣を改めなくてはいけません。まず、生活習慣が不規則で乱れている人は、生活のリズムを規則正しく改善しましょう。疲労や偏った栄養の食事を続けていると、歯茎の病気になってしまうからです。食事の時間やおやつの摂り方がよくないと、口腔環境も悪化します。

普段からデンタルケアを心がけてプラークを排除しましょう。

特集記事

  1. 青年期

    青年期のときに気を付けたいこととは?
  2. 老年期

    老年期で歯に良い生活習慣は?
  3. 壮年期

    壮年期で歯に良い生活習慣は?
  4. 青年期

    青年期で歯に悪い食べ物は?
  5. 幼年期

    幼年期における歯のケアは?
PAGE TOP